上川町認定こども園整備事業

情報発信元: 保健福祉課 介護福祉グループ

最終更新日:

令和7年4月開園を予定している上川町認定こども園の工事が始まります。
今後、認定こども園が完成するまでの様子をドローンによる空撮等により報告していきたいと思います。
なお、工事期間中は、工事関係車両の出入りが多いことから十分注意されるようお願いいたします。
町民の皆さまへはご不便等お掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

上川町認定こども園整備計画

上川町では、令和7年4月の幼保連携型認定こども園開設をめざして、新たに建設する施設の具体的な規模や機能概要をまとめた整備計画を作成しました。
これまで、町内の子育て環境において、幼稚園、保育所が果たしてきた役割や特色を新たな認定こども園に継承し、まちの子育て支援策をより充実させるため、必要な機能と十分な能力を有した幼児教育・保育施設として整備できるよう進めていきますので、本計画へのご理解をお願いいたします。
整備計画の策定にあたっては、令和3年7月に策定した「上川町認定こども園整備基本構想」に基づき、プロポーザル方式による設計業者の選定、幼稚園、保育所、子育て支援センターにおけるワークショップ、検討委員会に設置した2つの専門部会(建設・運営)において協議を重ねて作成した計画案です。

工事概要

【整備期間】
・令和5年度:敷地造成工事/園舎建設工事
・令和6年度:園舎建設工事/外構工事
【請負業者】
・建築主体工事:新谷・中村特定建設工事共同企業体
・電気設備工事:旭栄ミヤコ・ユタカ電工特定建設工事共同企業体
・機械設備工事:木本・鈴木特定建設工事共同企業体
・敷地造成工事:笠間建築(株)
・工事監理業務:㈱アイエイ研究所

イメージパース

外壁のガルバリウムの色も決まり、イメージパースができましたので掲載します。
※イメージのため、詳細など変更になる場合があります。

画像スライド集

0
1
2
3
4
遊戯室

愛称 「上川町認定こども園 ここふれ」

2023年12月より募集をしてきました愛称ですが、全国より454件の応募があり、下記のとおり決定となりました。
皆様の心温まる応募ありがとうございました。

〇愛称 「ここふれ」

〇愛称説明 
 「ここ(個々)/こ(子)/コフレ(宝石箱)/ふれ(触れ)から、個々の子供を大切に、さまざまな遊びや学びに触れられる、宝石箱のように貴重な体験が詰まったこども園をイメージした愛称です。」

〇採用者 
 市橋 正和 様 (茨城県)

進捗状況

令和6年5月上旬

建物内部に石膏ボードが貼られ各部屋の空間がわかるようになってきました。

画像スライド集

1
2
3

令和6年4月下旬

園舎にガルバリウムが張られ、建物の全体が見えるようになってきました。
今後、町産材トドマツの羽目板が張られていきます。

画像スライド集

1
2
3
4

令和6年4月中旬

(1)
令和6年度の建設工事が開始されました。内部については、遊戯室の足場が撤去されトラス構造を見ることができるようになり、外観も徐々にガルバリウムが張られてきております。完成予定時期は8月下旬頃です。
また、今年度は外構工事として駐車場や園庭の整備も行います。
改めて工事期間中の車両の出入り等にご注意いただきますようご協力よろしくお願いします。

令和6年2月13日

1
産業福祉常任委員会が開催され、認定こども園に関する説明のほか、工事現場の視察も行われました。

令和5年12月下旬

認定こども園の建設工事は、1月から休工となり、雪解け後に再開となります。
完成時期は8月頃を予定しております。
ホームページでは上川町認定こども園の愛称も募集しておりますので、皆様のご応募お待ちしております。

画像スライド集

1
2

令和5年11月中旬

町長・副町長が建設現場を視察し、工事の実施状況を確認しました。

画像スライド集

1
2
3

令和5年11月中旬

上川町にも雪が降りました。
吹き抜け部分の木工事も進み、建物全体の形がわかるようになってきました。
吹き抜け部分は遊戯室となります。

画像スライド集

1
2

令和5年11月上旬

木工事が順調に進んでおります。
柱や梁などに上川町産トドマツが使用されています。

画像スライド集

1
2
3

令和5年10月末日

画像スライド集

1
2
3

令和5年10月下旬

建物の基礎工事が終わり、足場が組まれ、木工事が開始されました。
大雪山には雪が積もっております。

画像スライド集

1
2
3
4

令和5年9月下旬

土壌蓄熱式床暖房の電熱パネル敷設の様子です。

画像スライド集

1
2

令和5年9月22日【外壁選定】

認定こども園の外壁は、ガルバリウム鋼板と町産木材「トドマツ」の羽目板となります。
担当課で検討した色について、サンプルを基に町長・副町長・保育士にも確認していただき、色の選定を行いました。
結果、写真にもあるように1階部分はレッド、吹抜け部分はクリーム色に決まりました。

画像スライド集

1
2
3

令和5年9月22日

土壌蓄熱式床暖房
土壌蓄熱式床暖房の電熱パネルの敷設が始まりました。
土壌蓄熱式床暖房は、建物の土間コンクリート下に埋設した電熱パネルで温める「地中蓄熱層」を熱源とする暖房の仕組みです。
地中には、深度2メートルほどの場所に、もともと地球が持つ地熱が存在しており、電熱パネルにより温められた地中熱は、建物基礎内の地表面近く1.5メートルほどの場所に「蓄熱層」としてとどまり、低温の輻射熱を放出して建物を温めます。
当日は、町長、副町長も現地で確認を行いました。
見学

令和5年9月中旬

アースチューブ
アースチューブの施工が始まりました。

※アースチューブとは、外気を地中に埋設した管を通して室内に送り込む換気熱交換方式です。温度が安定した地中を通ることで、冬は外気を暖め、夏は外気を冷やして給気します。

令和5年9月上旬

9.7空撮
基礎コンクリートの打設を行い、基礎型枠が解体されました。
今後、アースチューブの配管や土壌蓄熱式床暖房の電熱パネルを敷設します。

画像スライド集

空撮
空撮
空撮

令和5年8月下旬

8月下旬 空撮
順調に基礎工事が進められております。

町産トドマツの活用について

丸太
現在建設中のこども園は木造です。その一部に上川町産のトドマツを活用します。
町内の森林で伐採後、当麻町森林組合で丸太から製材まで加工されております。
木材 製材

令和5年8月中旬

8月18日空撮
認定こども園と上川小学校をつなぐ歩道の路盤工事をしました。
小学校との連携や町民プールへの移動などで活用します。
舗装工事は次年度の予定です。

令和5年8月

8月空撮
園舎の建設工事も始まりました。
工事車両の出入りが多くなりますので、近くを通行する際はご注意ねがいます。

令和5年7月7日(撮影)

7.7空撮
敷地造成工事が始まりました。
現況の樹木は夏場の子どもたちの木陰となります。

令和5年6月29日

工事打合せ
第1回目の工事打合せを実施しました。
工事スケジュールの確認や担当所管課からの要望・確認を行いました。

令和5年6月21日(撮影)

R5.6.21
工事開始前の状況です。
奥には大雪山連邦が見えます。

今後、敷地造成工事が開始されます。

問合わせ先・担当窓口

認定こども園整備推進室(保健福祉課内)

TEL
01658-2-4055

保健福祉課 介護福祉グループ

TEL
01658-2-4055
FAX
01658-2-1220
MAIL
kaigo@town.hokkaido-kamikawa.lg.jp