現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署一覧
  3. 保健福祉課
  4. 介護福祉グループ
  5. 第1期上川町福祉総合計画について

第1期上川町福祉総合計画について

1.上川町福祉総合計画の策定
 町では、平成30年3月に本町の将来像と進むべき方向を示すと同時に、計画的な行政を進めていくための重要な指針として「第10次上川町総合計画」を策定し、まちの将来像として「~自然と調和した未来~恵み豊かな大地と人がおりなすおもてなしのまち 上川」を目指し取り組みを進めていくこととしました。
 「第10次上川町総合計画」のまちづくり大綱の一つである「一人ひとりが安心して健やかに暮らせるまちづくり」を実現するため、平成27年3月に策定した「第4期上川町障がい福祉計画」と「第6期上川町高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」の現行2計画を見直し、新たに「地域福祉計画」を策定するとともに、社会福祉法人上川町社会福祉協議会が平成28年3月に策定した「第3期上川町地域福祉実践計画」を見直し、これらの4計画を包含し、関係法令、国等が示す策定指針等を踏まえて、保健福祉分野の総合的な計画として、平成30年3月に「上川町福祉総合計画」を策定しました。
 計画は、第1期地域福祉計画・第4期地域福祉実践計画・第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画・第5期障がい福祉計画・第1期障がい児福祉計画で構成され、高齢者福祉や介護、児童福祉や子育て支援、障がい福祉など、その他の福祉分野における行政計画並びに他の関連行政計画との整合性や連携を図りながら、幅広い地域住民の参加と協力を基本として、住民の生活全般にわたる福祉向上を図ることを目的として策定をしました。
 この計画の計画案の策定にあたっては、担当課である保健福祉課と社会福祉協議会の事務局が中心になって行います。また、策定をした計画案については、「保健福祉サービス運営協議会」において各計画の施策を総合的に検討し、「社会福祉審議会」に諮問・答申後に決定をしてきました。また、社会福祉協議会では第3期上川町地域福祉実践計画策定後2年しか経過していないことや、地域福祉計画と一体的に策定することから、第4期は理事会及び評議員会を経て内容を審議し、今後、中間的な評価を行う際に住民の意見を聴収して内容に反映させていくこととしています。

2.計画期間
 計画期間は、平成30年度から平成35年度までの6か年としています。なお、「高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」及び「障がい福祉計画・障がい児福祉計画」については、平成30年度から平成32年度までの3か年とし、「地域福祉計画」及び「地域福祉実践計画」についても、平成32年度には中間的な評価を行うこととします。

3.閲覧場所等
 役場保健福祉課、社会福祉法人上川町社会福祉協議会事務所、かみんぐホール図書室でご覧いただけるほか、以下のダウンロードファイルをご覧ください。

 

ダウンロードファイル

問合わせ先・担当窓口

保健福祉課 介護福祉グループ