現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署一覧
  3. 産業経済課
  4. 農林水産グループ
  5. 上川町で農業を始めませんか

上川町で農業を始めませんか

  上川町では、上川町において就農を希望される方を支援するため、様々な支援策を実施しております。

上川町の農業について

 上川町は、北海道中央部のやや東側に位置し、雄大な大雪山国立公園の北部を占めており、石狩川源流の清らかな水と緑豊かな自然に恵まれた町です。気候は、内陸気象圏内に属し大雪山麓にあるため、夏季冬季さらには昼夜における寒暖差が大きく、また面積の95%を森林が占めており、耕地面積は、約2,300haです。農業は、農耕期間が短く、耕地面積は狭隘ですが、その立地条件を生かして平坦地では水稲・畑作、高原台地では酪農・肉用牛生産の基地化を展開してきました。平坦地においては、もち米の団地化を早くから進めてきました。畑作は、大根、そば、馬鈴薯、大豆などが主要農産物です。又、高原台地では、ブランド牛である大雪高原牛(肉牛)の生産が盛んに行われています。

上川町農業体験研修生受入推進事業

上川町及び関係団体等で構成される「上川町農業担い手対策協議会」では、上川町での就農を希望される方を対象に短期の農業体験研修事業を実施しております。また、研修期間町内に滞在できる宿泊施設も無料で利用できます。研修期間中は協議会からの食事助成などもありますので、ぜひ積極的に研修に参加してください。

研修先

上川町農業担い手対策協議会のメンバーである下記法人にて研修を受けることができます。
(酪農)農事組合法人 大雪牧場
北海道の屋根と呼ばれる大雪山の麓、上川町白川地区、標高650メートルの丘にある牧場では、約680頭のホルスタインが飼育されております。
(酪農)農事組合法人 豊原生産組合
上川町豊原地区で約320頭のホルスタインを飼育する牧場は、30代、40代の若手酪農家が中心となって経営しているフレッシュな牧場です。
(畜産・畑作)有限会社 グリーンサポート
平成10年に設立。大根や馬鈴薯、ニンジンの栽培、700頭程の肉牛も飼育しています。
(稲作・畑作)株式会社 大雪ファーム
上川町東雲地区で3戸の農家により設立されたのが、大雪ファームです。主要農産物である水稲を中心に、そば、人参、ミニトマトなどの畑作物も広く手掛けています。
(稲作・畑作)有限会社 サンライズファーム
上川町東雲地区で2006年に法人化。水稲を中心に、そば、アスパラ、ミニトマトなどの畑作物も手掛けています。

募集期間

(畑作・稲作)令和2年5月1日から令和2年10月31日まで
(酪農・畜産)通年

応募方法

問合わせ先・担当窓口

産業経済課 農林水産グループ