まちづくり交付金の事後評価

まちづくり交付金は、市町村が作成した都市再生整備計画に基づき、地域の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、都市の再生を推進することにより、地域生活の質の向上と地域経済、社会の活性化を図ることを目的とした制度です。
事後評価は、都市再生整備計画期間終了時、今後のまちづくりのあり方を検討するとともに、交付金がもたらした成果等を客観的に検証して事業の成果を住民にわかりやすく説明し、広く意見を求めることを目的としています。 

事後評価の流れ

事後評価は次の流れで行われます。
  1. 方法書の作成
    • 事後評価の円滑な実施のため、評価の方法を定めます
  2. 成果の評価
  3. 事後評価原案の公表
  4. まちづくり交付金評価委員会の審議
    • 学識経験のある有識者等で構成される委員により、事後評価が適切に行われたかどうかを審議するものです。
  5. 評価結果の国への提出 
  6. 住民への評価結果(最終)の公表 
  7. フォローアップの実施
ご意見やお問い合わせ等は建設水道課建設管理グループまでご連絡お願いします。
また、この資料は建設水道課の窓口においてもご覧頂けます。

問合わせ先・担当窓口

建設水道課 建設管理グループ

メニュー

くらしのインデックス

部署一覧

その他