○国民健康保険上川町立診療所設置条例

平成21年7月9日

上川町条例第25号

(設置)

第1条 国民健康保険の被保険者に対して療養の給付及び保健事業を行うため、国民健康保険法(昭和33年法律第192号)第82条第1項の規定により、診療施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 診療施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 国民健康保険上川医療センター

位置 上川郡上川町花園町175番地

(任務)

第3条 国民健康保険上川医療センター(以下「上川医療センター」という。)は、次に掲げる事項を行うものとする。

(1) 国民健康保険その他社会保険の主旨に基づき、これが模範的な診療を行い、国民健康保険事業を円滑に実施すること。

(2) 本町における保険施設としての公衆衛生機関との連携を保ち、疾病の予防と診療給付の一体的運営を図り、町民の保健医療の向上及び福祉の増進に寄与すること。

(診療)

第4条 上川医療センターは、国民健康保険の被保険者(以下「被保険者」という。)に対し、次に掲げる診療を行うものとする。ただし、その他の者に対しても診療を行うことができる。

(1) 健康相談及び健康診断

(2) 療養の指導及び相談

(3) 診察

(4) 薬剤又は治療材料の投与及び支給

(5) 処置その他の治療

(6) 入院

(7) 各種疾病の予防

(診療科目)

第5条 上川医療センターの診療科目は、内科、外科、小児科及びリハビリテーション科とする。

(病床数)

第6条 上川医療センターの病床数は、19床とする。

(診療日及び診療時間)

第7条 上川医療センターの診療日及び診療時間は、上川町の休日を定める条例(平成2年条例第1号)に規定する休日及び休憩時間を除き、午前8時30分から午後5時までとする。

2 前項の規定にかかわらず、急患その他やむを得ない事情があるとき又は上川医療センターの長(以下「院長」という。)が必要と認めたときは、臨時に診療時間を変更し、又は診療を休止することができる。

(入院及び退院)

第8条 次の各号のいずれかに該当するときは、入院を断り、又は退院を命ずることができる。

(1) 入院患者が定員に達したとき。

(2) 患者が上川医療センターに関する規定に違反し、又は職員の指示に従わず若しくは不都合の行為があつたとき。

(3) その他施設の適正な管理上患者の入院又は在院を不適当と認めたとき。

(使用料及び手数料)

第9条 上川医療センターを利用した者から使用料及び手数料を徴収する。

2 前項に規定する使用料(一部負担金を含む。)は、健康保険法(大正11年法律第70号)の規定による療養に要する費用の額の算定方法(厚生労働省告示)及び高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)の規定による医療に要する費用の額の算定に関する基準(厚生労働省告示)に規定する診療報酬点数表に基づき算定した額並びに入院時食事療養費に係る食事療養の費用の額の算定に関する基準(厚生労働省告示)により算定した額とする。

3 前項に規定するもののほか院長が必要と認めた場合は、治療用及び薬剤用の実費を別に徴収することができる。

4 前2項の規定により難いものの使用料及び事実の認証等に伴う手数料の額は、別表第1のとおりとする。

5 前項の料額により難い診療契約等の場合は、実費を基準として町長が定める料額とする。

(徴収の方法)

第10条 前条に規定する使用料及び手数料は、法令に基づくほか、上川医療センターの会計窓口でその都度徴収するものとする。

(使用料及び手数料の減免)

第11条 町長は、使用料又は手数料を納付すべき者が天災その他特別な事情により当該使用料又は手数料を納付することが困難な場合又は特に必要と認めたものについて、これを軽減又は免除することができる。

(職員等)

第12条 上川医療センターに、院長、医師及び事務職員その他必要な職員等を置く。ただし、町長が必要と認めたときは、他の者をして兼任させることができる。

(損害賠償)

第13条 患者及びその付添人又は来訪者は、上川医療センターの設備その他の物件を破損したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めたときは、賠償の義務を免除し、又は賠償の額を減額することができる。

(委任)

第14条 この条例に規定するもののほか条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成21年10月1日から施行する。

(上川町立病院事業の設置等に関する条例の廃止)

2 上川町立病院事業の設置等に関する条例(昭和43年条例第14号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この条例の施行の際に、現に廃止前の上川町立病院事業の設置等に関する条例に基づき設置された上川町立病院に入院していた者が引続き上川医療センターに入院した場合は、この条例による入院の許可を受けた者とみなす。

4 廃止前の上川町立病院事業の設置等に関する条例の規定に基づき課した、又は課すべきであつた使用料及び手数料については、廃止前の上川町立病院事業の設置等に関する条例の例による。

附 則(令和元年12月20日条例第33号)

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の別表第1の規定は、この条例の施行日以後の使用の期間に係る使用料及び手数料等について適用し、施行日前の使用の期間に係る使用料及び手数料等については、なお従前の例による。

別表第1

1 文書手数料

項目

料金

内容

1 簡易証明書

550円

医療費の領収証明等簡易な証明書

2 一般診断書

2,200円

普通診断書、健康診断書(健康診断料含まず)、入進学又は就業のために要する診断書、出産証明、死産証明、入退院・通院証明書、諸証明書等

3 死亡診断書

2,200円

普通死亡診断書

4 特別診断書

3,300円

恩給・年金用診断書、自賠法による診断書、身体障害者診断書、入退院・通院証明書のうち症状経過記録等を記入するもの

5,500円

生命保険用死亡診断書、裁判用診断書、複雑な診断書又は意見書、死体検案書(検案料含まず)

2 診断料及び使用料

項目

料金

内容

1 健康診断料

実費


2 死体検案料

一体につき


往検を伴う場合にあっては、左記の額に往診料に相当する額を加算した額

簡単なもの

5,500円

複雑なもの

11,000円

3 死体処置料

一般死体一体

3,300円

処置に要した材料費は別に加算する。

伝染病

3,850円

外傷その他で損傷の著しいもの

16,500円

4 安置室使用料

夏期

1,650円

入院患者が死亡後安置室使用のときは無料とする。

冬期(11月から4月)

2,200円

5 寝具等使用料

付添寝具等1組使用1日につき

220円


病衣使用1日につき

70円

6 給食料

1食につき

470円


7 その他




(1) 電気使用料

電気器具使用1日につき

20円


(2) 冷蔵ロッカー使用料

1日につき

50円


(3) テレビ使用料

1日につき

100円


8 患者護送費

医師1日

5,500円


看護師1日

2,200円

9 診療単価

診療報酬点数1点

20円以内

自賠責診療、一般診療など受診証を提示しない場合

10 車賃


実費

往診時公用車を使用した場合

備考

1 診断書又は証明書を同時に2通以上発行するときは、2通目以降の診断書又は証明書1通につき、別表の文書手数料の額の100分の50に相当する額とする。

国民健康保険上川町立診療所設置条例

平成21年7月9日 条例第25号

(令和2年4月1日施行)