現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署一覧
  3. 産業経済課
  4. 移住定住グループ
  5. 移住・定住情報

移住・定住情報

位置・アクセス

上川町の位置図
上川町は、北海道のほぼ中央・上川中部地方のやや東寄りに位置し、国道39号(旭川から網走)、国道273号(紋別から帯広)、国道333号(上川から遠軽・北見)を結ぶ交通の要衝です。
また、旭川紋別自動車道(国道450号)の整備が進むなど、道内各地へのアクセスも良好です。

まちの概要

上川町は、1,049.47k平方メートルの広大な面積を有する人口4,000人ほどの小さなまちです。
日本最大の山岳公園「大雪山国立公園」の玄関口として古くから親しまれ、国内外から年間200万人のお客様が訪れる層雲峡温泉をはじめ、愛山渓温泉、高原温泉など3つの温泉卿を有します。
また、大雪山を間近に望む「大雪高原・旭ヶ丘」や、日本の滝百選にも選ばれた「銀河・流星の滝」、日本一早く最も美しいとも言われる「大雪山の紅葉」など観光名所が豊富な自然環境に恵まれた国際観光のまちです。
また、四季の変化に富み、夏は冷涼で過ごしやすく冬はスキー・スケートなどウインタースポーツが盛んなまちです。
  • 写真
    大雪高原 旭ヶ丘

特産品

大雪高原牛、渓谷味豚(ブランド肉)、にじます、大雪高原野菜(大根ほか)、大雪そば、そば焼酎、ラーメン、よもぎ餅、ハム・ソーセージ ほか

出身者

原田雅彦、高梨沙羅(ともにスキージャンプ)ほか

住まいの情報

公営住宅等の情報

「上川町ホームページ」に掲載している以下の情報をご覧ください。

空き家・空き地バンク

町内で、空き家及び空き地を売却や賃貸したい人(売主・貸主)と、町内に移住や転居のため土地や建物の購入や賃借したい人(買主・借主)とのマッチングを促進するため、上川町と公益社団法人北海道宅地建物取引業協会旭川支部が協働して、空き家や空き地の情報を提供しています。

空き家改修支援事業補助金

空き家の有効活用と移住・定住を促進することを目的に、上川町空き家・空き地バンクに登録される空き家を改修される方へ最大80万円補助金を交付いたします。

住宅建築促進支援事業補助金

安全・安心で快適な住環境の確保と子育て世帯を中心とした移住・定住を促進することを目的に、町内において住宅を新築した方へ最大250万円補助金を交付いたします。

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型

「住宅建築促進支援事業補助金」または「空き家改修支援事業補助金」の交付を受ける方のうち、一定の条件を充たす方を対象に、住宅取得・改修時の借入の際、住宅金融支援機構の【フラット35】の金利から、当初5年間、0.25%引き下げられる制度『【フラット35】子育て支援型・地域活性化型』を利用することができます。

民間賃貸住宅家賃助成事業補助金

上川町への移住・定住を促進し定住人口の増加を目的に、町外に居住する満40歳未満の方若しくは高校生以下の子と同居する方が、町内の事業所に勤務し、町内の民間賃貸住宅を借りて転入する場合、家賃を月額最大2万円助成いたします。

移住支援引越費用助成事業補助金

上川町への移住・定住を促進し定住人口の増加を目的に、町外から満40歳未満の方若しくは子育て世帯が自発的な意思をもって移住する場合、引越し費用を最大15万円助成いたします。

住宅リフォーム助成

町内業者で施工する住宅リフォーム等に、経費の一部を助成します。
住宅リフォームには経費の5分の1、30万円を上限を助成します。

子育て支援制度

上川町に定住し、出産、子育てをされる方を対象とした各種の支援制度があります。

妊産婦検診交通費助成

上川町には産婦人科がないため旭川市へ通院される妊産婦を対象に、交通費を助成しています。
1回の受診(往復分)につき、1,400円を助成

不妊治療費助成

一般不妊治療及び特定不妊治療に要した費用の一部助成いたします。
一般不妊治療は、年度ごとに5万円上限に助成。
特定不妊治療は、1回の治療につき15万円上限に助成。

出産祝品贈呈

上川町民として産まれる子どもの誕生を祝福して出産祝品を贈呈いたします。

出産祝金贈呈

上川町に1年以上居住し、2人以上の子どもを養育している場合、第3子以降の出産児から出産祝金として10万円贈呈いたします。

子育てをサポート

子育ての心配ごとに、保健師・管理栄養士が電話や訪問等でご相談にお応えしています。また、検診、予防接種、保育、発達など何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

母子通園センター通園交通費助成

発育及び発育につまづきのある幼児について、こころとからだのはたらきを育てるため、母子通園センターへの通園に要する交通費の半額を助成いたします。

子どもの医療費助成

0歳から高等学校卒業まで子どもの医療費が全額助成いたします。医療機関や薬局での窓口負担はありません。
ただし、入院時の食事代、薬の容器代、健康診断の費用は助成の対象外です。

チャイルドシートの無料貸出

町内に居住している方で、上川町安全安心協会の会費を納めている方に対して、6カ月を限度にチャイルドシートを無料で貸し出します。

インフルエンザ予防接種費用助成

中学生以下及び65歳以上の方を対象に、季節性インフルエンザ予防接種の自己負担額を助成します。
個人負担額1,000円

小・中学生給食費が全額無料

上川町では安心して子どもを産み・育てやすい環境をづくりを目的に、小・中学校の給食にかかる経費を全額補助いたします。

小・中学生修学旅行費用助成

上川町では安心して子どもを産み・育てやすい環境をづくりを目的に、小・中学校の修学旅行参加児童生徒全員に費用の半額を助成いたします。

中学生国際交流事業

国際交流への認識を深め豊かな感性と国際感覚を育むため、上川町と姉妹都市提携を結ぶカナダ国アルバータ州西部に位置する「ロッキー・マウンテン・ハウス町」と、中学生の派遣及び受入事業を行っています。
ロッキー・マウンテン・ハウス町への派遣費用は町の全額負担により中学生を派遣いたします。

中高一貫教育

上川中学校と道立上川高等学校6年間の継続的な教育指導により、個性を伸ばし能力や適正にあわせた学習を進めるため、中高一貫教育を実施しております。

北海道立上川高等学校入学助成金

北海道立上川高等学校に入学する生徒を対象に、入学準備に係る費用を助成し保護者の負担軽減を図るため、生徒一人につき10万円助成します。

上川町奨学金制度

向学心があるにもかかわらず経済的理由により修学困難な方へ、教育の機会均等を図り有能な人材を育成することを目的に、町では奨学金を貸付けしています。
なお、奨学生であった者が、学校等を卒業してから2年以内に上川町に帰郷して町内に就職した場合、奨学金の償還を免除できる場合があります。

安心して元気に暮らす

医療施設

町内に町立診療所が1か所(上川医療センター)と歯科医院が3院、薬局が2局。
総合病院は、市街地から車で1時間の距離にある旭川市内に、国立旭川医科大学付属病院、旭川赤十字病院、旭川厚生病院、旭川医療センター、旭川市立病院など。

高齢者福祉施設

特別養護老人ホーム、老人保健施設、デイサービスセンター、地域包括支援センター、グループホーム など。

保健福祉施設

「上川町福祉会館」内・保健福祉センター など。

子育て支援施設

保育所、幼稚園(2施設)、学童保育施設、子育て支援センター など。

学校教育施設

小学校1校(町立上川小学校)、中学校1校(町立上川中学校)、高校1校(道立上川高等学校)など。

社会教育施設

公民館「かみんぐホール」内・多目的ホール・図書室・調理実習室・各種研修室、郷土資料室 など。

スポーツ施設

総合体育館、総合グラウンド、テニスコート、屋内温水プール、町営球場、パークゴルフ場(2)、サイクリングロード、スキー場(2)、スケートリンク、スキークロスカントリーコースなど。

楽しく暮らす

イベント

層雲峡峡谷火まつり(7月)、上川町ふる里まつり(8月)、大雪山黒岳登山記録会(9月)、大雪山の紅葉(9月)、層雲峡氷瀑まつり(1月から3月)ほか。

遊び・体験

大雪山系の登山・縦走、高原温泉沼めぐり、層雲峡紅葉谷散策、自然観賞、ガーデン鑑賞(大雪森のガーデン)、キャンプ、記念植樹、釣り、ラフティング(渓流下り)、サイクリング、スターウォッチング、スノーモービル、アイスクライミング ほか。

観光・レクリエーション施設

層雲峡「黒岳の湯」ほか温泉入浴施設多数(層雲峡温泉・愛山渓温泉・高原温泉)、層雲峡ビジターセンター、層雲峡黒岳ロープウェイ、層雲峡・大雪山写真ミュージアム、滝ミンタラ(「流星・銀河の滝」複合施設)、層雲峡青少年旅行村、層雲峡パークゴルフ場、上川ファミリーオートキャンプ村、大雪森のガーデン、大雪展望台(エスポワールの鐘)、北の森ガーデン(アイスパビリオン・くま牧場)、釣り堀(大雪・明石)など。
  • 写真
    エスポワールの鐘
  • 写真
  • 写真
  • 写真
    層雲峡氷瀑まつり
  • 写真
    層雲峡の街並み

移住パンフレット

問合わせ先・担当窓口

産業経済課 移住定住グループ