現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署一覧
  3. 保健福祉課
  4. 医療給付グループ
  5. 後期高齢者医療保険料の納め方

後期高齢者医療保険料の納め方

後期高齢者医療保険料の納付方法は、納付書や口座振替で納めていただく「普通徴収」と、介護保険と同様に年金からの天引きで納めていただく「特別徴収」があります。
保険料は、原則として(年金からのお支払い)により納めていただいておりますが、希望により(口座振替)に変更することができます。

普通徴収(口座振替)への変更方法

納付方法を特別徴収から普通徴収(口座振替)に変更する場合は、次のものをお持ちになり、窓口(保健福祉課医療給付グループ)で手続きを行なってください。
なお、「口座振替」に変更しても、年間の保険料は変わりません。

手続きに必要なもの

  • 本人の被保険者証
  • 口座振替をする金融機関の預金通帳
  • 口座の届け出印

普通徴収で納めていただく場合

次のいずれかに当てはまるかたは、特別徴収ではなく市町村が発行する「納入通知書」や「口座振替」により保険料を納めます。
  • 年金額が年額18万円未満のかた
  • 介護保険料との合計額が年金受給額の2分の1を超えるかた
なお、現在、年金天引きにより保険料を納めている場合でも、所得の修正申告などにより保険料が変更になった場合、保険料の納付方法が途中で変わることがあります。その場合は、納入通知書や口座振替で納めていただきます。

特別徴収の時期

特別徴収は、年6回の年金定期払いの際に、年金から自動的に保険料が支払われます。
※この文書には、数式や記号が含まれております。
  • 仮徴収
    • 4月(1期)
    • 6月(2期)
    • 8月(3期)
  • 本徴収
    • 10月(4期)
    • 12月(5期)
    • 2月(6期)
4月、6月、8月は、仮徴収と呼ばれ、前年の所得が確定するまでは、仮算定された保険料を納めます。
基本的には前年度の2月の年金で納めた額が、それぞれの月の仮徴収額となります。
10月、12月、2月は、本徴収と呼ばれ、前年の所得が確定後、年間保険料から仮徴収額を差し引いた額を三期に分けて納めます。(本徴収額=年間保険料-仮徴収額)
確定した年間保険料やその後の年金から差し引く保険料については、7月中旬に通知します。

留意事項

後期高齢者医療保険制度に加入してからおよそ半年間は、「年金からのお支払い」ができません。「納入通知書」か「口座振替」で納めてください。

問合わせ先・担当窓口

保健福祉課 医療給付グループ