現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署一覧
  3. 保健福祉課
  4. 医療給付グループ
  5. 国民健康保険の限度額適用認定申請

国民健康保険の限度額適用認定申請

限度額適用認定申請

70歳未満及び住民税非課税世帯の70から74歳のかたが療養を受ける場合、その月末(月の途中で退院する場合は退院前)までに医療機関の窓口に、「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示すると、医療機関ごとに毎月、自己負担限度額までの支払いですみ、一時的に大きな金額を用意する負担が軽減されます。
この「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けるには、申請が必要となります。入院前はいつでも、また、入院中はその月末(月の途中で退院する場合は退院前)までに申請してください。
「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」は申請があった月の1日(申請があった月の途中から国民健康保険に加入されたかたは加入された日)から有効となるものを交付します。
なお、住民税課税世帯の70から74歳のかたは、高齢受給者証で「限度額適用認定証」と同様の取扱いとなりますので、申請は不要です。

申請方法

印鑑、保険証を持参のうえ、保健福祉課医療給付グループで申請の手続きを行なってください。
申請されますと、70歳未満の住民税課税世帯へは「限度額適用認定証」を交付し、70歳未満の住民税非課税世帯及び70から74歳のかたの住民税非課税世帯へは「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付いたします。
※国民健康保険税を滞納されている場合、「限度額適用認定証」及び「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付できない場合があります。
※仕事等で申請に来られない方は、下の申請書に必要事項をご記入の上、担当窓口にご郵送ください。

有効期限

「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の有効期限は、毎年7月末日です。引き続き認定証が必要なかたは、再度申請しなければなりません。

問合わせ先・担当窓口

保健福祉課 医療給付グループ