現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 部署一覧
  3. 保健福祉課
  4. 医療給付グループ
  5. 国民健康保険の加入脱退等の手続き

国民健康保険の加入脱退等の手続き

次のようなときは、本人または世帯主が、14日以内に窓口(保健福祉課医療給付グループ)へ届け出をしてください。
届け出が遅れると、資格を得るときまでさかのぼって保険税を納めなければなりません。また、届け出た日より前にかかった医療費が全額自己負担になることもありますので、ご注意ください。

※公的医療助成を受けられているかたは、担当課への変更手続きも必要ですので、各種受給者証をお持ちください。


国保に加入するとき

他の市町村から転入してきたとき

職場の医療保険などに加入していない場合、転入時に国保の加入者となります。
転入届のときに手続きしてください。
  • 必要なもの:印鑑、転出証明書

職場の医療保険をやめたとき、職場の医療保険の扶養からはずれたとき

  • 必要なもの:印鑑、医療保険の資格喪失証明書

資格喪失証明書は、お勤めしていた職場で発行されます。職場に証明書の様式がない場合は、以下の様式をお使いください。

退職前の医療保険を任意継続することができる場合があります
会社勤務のかた、公務員のかたなどが退職された場合は、退職前の保険に2カ月以上加入期間があれば退職後2年間その医療保険に継続して加入することができます。
手続きは、退職後20日以内に本人が行うことになっています。
注意)任意継続と国保では、保険税(料)が異なります。国保については税務住民課税務グループへ、任意継続については下記の手続き先へお問い合わせください。
  • 手続き先:全国健康保険協会(協会けんぽ)北海道支部、各健康保険組合、各共済組合
  • 必要なもの:健康保険任意継続被保険者資格取得申請書、印鑑

生活保護を受けなくなったとき

  • 必要なもの:印鑑、保護廃止決定通知書

子どもが生まれたとき

職場の医療保険などに加入していない場合、出生時から国保の加入者となります。
出生届のときに手続きしてください。
国保の被保険者が出産されると出産育児一時金が支給されます。

国保を脱退するとき

上川町から転出するとき

転出届のときに手続きしてください。
  • 必要なもの:印鑑、保険証

職場の医療保険に入ったとき、家族の医療保険の被扶養者になったとき

  • 必要なもの:印鑑、保険証、医療保険の資格取得証明書または加入した健康保険の保険証(加入者全員分)
  資格取得証明書は、お勤めしている職場で発行されます。職場に証明書の様式がない場合は、以下の様式をお使いください。

死亡したとき

国保の加入者が亡くなられた場合、葬祭費が支給されます。
  • 必要なもの:印鑑、保険証、葬儀を行なったかたの預金通帳
※世帯主が亡くなられた場合で同じ世帯に国保加入者がいる場合は、世帯主変更となりますので、国保加入者全員の保険証及び高齢受給者証(70歳以上のみ)もご持参ください。

生活保護を受けるようになったとき

  • 必要なもの:印鑑、保護開始決定通知書、保険証

保険証の内容が変わるとき

住所・氏名・世帯主などが変わったとき

転居届等のときに手続きをしてください。
  • 必要なもの:印鑑、保険証

保険証を紛失したとき

  • 必要なもの:印鑑、身分証明書

修学のため、世帯主と離れ他の市町村へ住所を移すとき

届け出をすることにより、修学期間中、上川町の国保に継続加入できます。
転出届のときに手続きしてください。
  • 必要なもの:印鑑、保険証、在学証明書

福祉施設などへ入所したとき

福祉施設などへ入居するときは、国保を継続できます。
転出届、転居届のときに手続きしてください。
  • 必要なもの:印鑑、保険証

問合わせ先・担当窓口

保健福祉課 医療給付グループ