上川町×クラブツーリズム 観光分野における包括連携協定を締結

観光分野における包括連携協定 「人、物、知」資源活用へ

  • 調印式写真
 上川町(北海道上川町、上川町長:佐藤芳治)と、クラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:酒井博)は、2021年10月8日に「観光分野における包括連携協定」を締結しました。

この協定の目的は、上川町とクラブツーリズムが、相互の人的、物的、知的資源を有効に活用した協働の活動を推進することで、地域資源を活かした観光振興、観光消費の拡大による観光関連事業者支援、観光関連産業の人材育成など、地域の活性化を図り、持続的な発展につなげることです。すでにクラブツーリズムから上川町版DMO「大雪山ツアーズ株式会社」に出向するなど、人的な資源活用を進めています。

今回の協定締結の背景には、層雲峡温泉地域への高い誘客実績(約20,000名、2019年実績)とクラブツーリズムが20年以上手掛けている「テーマ旅行」で得た知見を本地域の広域観光促進に活かしていくことが挙げられます。
  • 層雲峡温泉街

協定内容について

■協定締結日
 2021年10月8日 

■連携・協定内容
(1)地域資源を活かした観光振興に関する事項
(2)観光消費の拡大による観光関連事業者支援に関する事項
(3)観光関連産業の人材育成に関する事項
(4)上川町のブランディングに関する事項
(5)上記以外の観光分野における相互の連携協力に関し必要と認められる事項

クラブツーリズム株式会社

 自然観光においては「登山・ハイキング」など、アウトドアの旅行テーマに強く、旅行ブランド「あるく」を中心としたトレッキングツアーの取り扱い規模は国内最大級です。
今回の協定で、層雲峡温泉街地域や周辺の豊かな自然資源を軸に、新たな自然体験コンテンツの企画から、国内自然観光地としての認知度向上、更にはインバウンド観光においても選ばれるよう、層雲峡温泉地域の地域委資源を活かした観光振興をめざしていきます。

問合わせ先・担当窓口

産業経済課 商工観光グループ

メニュー

くらしのインデックス

部署一覧

その他