低線量ヘリカルCT肺がん検診

5ミリメートルの小さな肺がんも発見できます!

ヘリカルCT肺がん検診は、旭川がん検診センター内でも受診可能

ヘリカルCT肺がん検診車の来町時だけでなく、旭川がん検診センターでも受けることができます。
(令和2年度の検診車来町は、11月12日を予定しています)

ヘリカルCTって、どんな検査?

低線量CT検査は、ヘリカルCT(らせんCT)という装置を使い、肺のX線撮影を行います。胸部を2.5ミリメートル間隔の輪切り画像で100枚以上撮影し、従来の胸部間接X線写真では分かりづらい小さな病変も発見できるといわれています。
撮影そのものは12秒間で終わり、被曝線量は胃がん検診と同等です。

受診方法

(1)旭川がん検診センターで受ける

各種がん検診、特定健診または健康診査と同時受診可能です。
  1. 無料送迎バス付き検診
    • 日程:6月4日(水曜日)、9月8日(火曜日)、12月2日(水曜日)
  2. 自分の希望日に受ける

(2)上川町保健福祉センターで受ける

ヘリカルCT肺がん検診のみ実施
日程:11月12日(木曜日)受付 午前6時30分から10時30分

申し込み

受診方法(1)-2の場合は、旭川がん検診センターへ(電話0120-972-489)
受診方法(1)-1と(2)の場合は、保健福祉課健康増進グループへ(電話01658-2-4054)

受診料

  • ヘリカルCT 1,600円
  • 喀痰(ハイリスク者のみ) 200円
※生活保護世帯の方は無料になりますので、お申し出下さい。
  令和2年度から、65歳以上の方については「肺がん検診」が無料になりますが、「ヘリカルCT肺がん検査」は該当になりませんのでご了承願います。

対象者

  • 50歳以上の方
  • 40歳~49歳のハイリスクの方

ハイリスクの方とは

※この文書には、数式や記号が含まれております。
  • 肺がんや若年のがん患者が家族にいる等の家族歴がある
  • 職歴(採鉱・採石・採掘・石綿関連作業)がある
  • 1日当たりの喫煙本数×喫煙年数が男性600以上、女性400以上の方

低線量CT肺がん検診の対象から除外されるかた

  • 心臓ペースメーカー装着のかた(誤作動の危険があります)
  • 40歳未満の方
  • 妊娠の可能性のある方
  • 治療のため、胸部に金属やプラスチック等を埋め込んでいるか方
  • 胃や大腸のバリウム検査を3日以内に受けた方(バリウムの陰で画像が見えづらい)

問合わせ先・担当窓口

保健福祉課 健康増進グループ

メニュー

くらしのインデックス

部署一覧

その他