健康診査・保健事業について

上川町国民健康保険では、以下のとおり特定健診を行っています。

20歳から39歳の健康診査(国保)

若い頃から生活習慣病予防に取り組む重要性から、20歳から39歳の方も町独自に健康診査を行なっています。年1回の健康確認にぜひご利用ください。

対象となる人

  • 上川町国保加入者で、年度内に20歳になるかたから39歳までの方
  • 健康診査は、現在高血圧等の生活習慣病等で通院・治療中の方も受けられます。

健康診査の内容

特定健診の検査項目は次のとおりです。
  • 問診:自覚症状・既往歴など
  • 身体測定:身長・体重・腹囲
  • 診察:聴診・視診等
  • 尿検査:尿糖・尿蛋白・尿潜血・推定尿中塩分量
  • 血圧測定
  • 血液検査
    • 脂質【中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・総コレステロール】
    • 肝機能【AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)】
    • 血糖【空腹時血糖・HbA1c(NGSP値)】
    • 貧血検査【ヘマトクリット・血色素・赤血球】
    • 腎機能・その他【クレアチニン・尿酸】
  • 心電図検査
  • 眼底検査
  • 総合判定:上記の検査結果等を踏まえた総合的な医師の判定
  • B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査:初めて健康診査を受ける方に行います。

受診方法・日程・場所・申し込み先・同時に受けられるがん検診

決められた日程に受ける場合

上川町保健福祉センターで受ける場合
  • 日程
    • 5月27日 木曜日 
    • 11月9日 火曜日:保健福祉センター改修工事のため、かみんぐホールで実施します
    • 11月10日 水曜日:保健福祉センター改修工事のため、かみんぐホールで実施します
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(バリウム)
    • 大腸
  • 申込み先:役場健康増進グループ
  • 備考:胃がん・大腸がんは30歳以上の方が対象です
旭川がん検診センターで受ける場合(送迎バス有り)
  • 日程
    • 6月2日 水曜日
    • 9月6日 月曜日
    • 12月3日 金曜日
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(バリウム)
    • 大腸
    • 子宮
    • 乳房
  • 申込み先:役場健康増進グループ
  • 備考:胃・大腸・乳房は30歳以上の方が対象です

希望の日に受ける場合

  • 実施期間:令和4年3月末まで
上川医療センターで受ける場合
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(カメラ)
    • 大腸
  • 申込み先:上川医療センター
  • 備考:胃・大腸は30歳以上の方が対象です
旭川がん検診センターで受ける場合
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(バリウム)
    • 大腸
    • 子宮
    • 乳房
  • 申込み先:旭川がん検診センター 予約専用フリーダイヤル 0120-972-489 
  • 備考:胃・大腸・乳房は30歳以上の方が対象です

健診の本人負担額

  • 健康診査1,000円
  • がん検診:別途料金が必要となります。
詳しくは「がん検診」のページをご参照ください。

40歳から74歳の特定健康診査(国保)

腎機能が分かるeGFRや、痛風の原因となる尿酸値も独自に必須項目として加えています。
年1回の健康確認にぜひご利用ください。

対象となる人

  • 上川町国保加入者で、年度内に40歳になる方から75歳未満の方(75歳の誕生日前日まで)
  • 特定健診は、現在高血圧、糖尿病等の生活習慣病で通院・治療中の方も対象です。
  • 対象の方には、毎年4月(途中加入者は随時)に黄色の『特定健康診査受診券』を送付しています。

特定健診の内容

特定健診の検査項目は次のとおりです。
  • 問診:自覚症状・既往歴など
  • 身体測定:身長・体重・腹囲
  • 診察:聴診・視診等
  • 尿検査:尿糖・尿蛋白・尿潜血・推定尿中塩分量
  • 血圧測定
  • 血液検査
    • 脂質【中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・総コレステロール】
    • 肝機能【AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)】
    • 血糖【空腹時血糖・HbA1c】
    • 貧血検査【ヘマトクリット・血色素・赤血球】
    • 腎機能・その他【血清クレアチニン・尿酸】
    • 血清アルブミン検査(65歳以上の方のみ)
  • 心電図検査
  • 眼底検査
  • 総合判定:上記の検査結果等を踏まえた総合的な医師の判定
  • B型肝炎・C型肝炎ウイルス検査:初めて健診を受ける方に行います。

受診方法・日程・場所・申し込み先・同時に受けられるがん検診

決められた日程に受ける場合

上川町保健福祉センターで受ける場合
  • 日程
    • 5月27日 木曜日
    • 11月9日 火曜日:保健福祉センター改修工事のため、かみんぐホールで実施します
    • 11月10日 水曜日:保健福祉センター改修工事のため、かみんぐホールで実施します
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(バリウム)
    • 肺(ヘリカルCTは11月9日のみ)
    • 大腸
    • 前立腺
  • 申込み先:保健福祉課健康増進グループ
  • 備考:前立腺は50歳以上の男性が対象です
旭川がん検診センターで受ける場合(送迎バス有り)
  • 日程
    •  6月2日 水曜日
    •  9月6日 月曜日
    • 12月3日 金曜日
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(バリウム・カメラ)
    • 肺(レントゲン・ヘリカルCT)
    • 大腸
    • 前立腺
    • 子宮
    • 乳房
  • 申込み先:保健福祉課健康増進グループ
  • 備考:前立腺は50歳以上の男性が対象です

希望の日に受ける場合

  • 実施期間:令和4年3月末まで
上川医療センターで受ける場合
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(カメラ)
    • 大腸
    • 前立腺
  • 申込み先:上川医療センター
  • 備考:前立腺は50歳以上の男性が対象です
旭川がん検診センターで受ける場合
  • 同時に受けられるがん検診
    • 胃(バリウム・カメラ)
    • 大腸
    • 前立腺
    • 子宮
    • 乳房
  • 申込み先:旭川がん検診センター
  • 備考:前立腺は50歳以上の男性が対象です
旭川市内の医療機関で受ける場合
  • 申込み先:各医療機関(機関名は別紙を参照してください)
  • 同時に受けられるがん検診:各医療機関によって違います。(本人負担に対する町の助成はありません。)
  • 備考:B型肝炎・C型肝炎ウィルス検査は行いません。 推定尿中塩分量、65歳以上の血清アルブミン検査はありません。

健診の本人負担額

  • 特定健診:1,000円
  • がん検診:別途料金が必要となります。詳しくは「がん検診」のページをご参照ください。

旭川市内で特定健診を受診できる医療機関名

健康に過ごすために、自分の健康は自分で守ろう

セルフメディケーションとは

平均寿命が長くなった現代、いかに毎日を健康的に生きるかが、幸せな生活を送る上でも重要になってきます。そこで注目されているのが「セルフメディケーション」であり、これは「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」を意味しています。
セルフメディケーションの効果
①毎日の健康管理の習慣が身につく
②医療や薬の知識が身につく
③医療機関で受診する機会を減らすことができる
④国民全体の医療費の増加が抑制される(医療費が抑制されれば保険料(税)の抑制にもつながる)
取り組み方法
 健康に過ごすためには、自分の健康は自分で守ることを意識し、積極的に健康管理にかかわることが大切です。それでも、日々の忙しさ等から、頭痛や風邪などの体調不良を引き起こすこともあります。そんなときのために、病気やくすりについての知識を身に付け、軽い症状であれば自分自身で改善したり、生活習慣病の予防や健康維持に役立てることが大切です。そこで、OTC医薬品(※)を上手に活用して、自らセルフメディケーションを図っていきましょう。具体的には、風邪が重症化する前に風邪薬を飲む、小さな切り傷にばんそうこうを貼る、疲れた時にはビタミン剤を飲む、などが考えられます。
※OTC(Over The Counter)医薬品とは
 薬局やドラックストアなどにおいて処方箋なしに購入できる医薬品のことです。今までは「市販薬」等と呼ばれていましたが、2007年より呼称が統一されました。これに対して、医師が処方する医薬品は「医務用医薬品」と呼ばれます。

セルフメディケーションを効果的に行うためには

セルフメディケーションの基本として、まずは自分の身体の状態を知ることが第一です。さらに、病気や薬についての正しい知識を身につけることも大事です。自分が飲んでいる薬の記録等をつけることで、医師や薬剤師等に自分の体質に合ったアドバイスも受けることが可能となります。そして、普段から適度な運動と栄養バランスの良い食事を取り、十分な睡眠を確保し、自然治癒力を高めていきましょう。
注意点
《正しい情報を入手し、正しい知識を身につける》
わからないときは自己判断せず、薬局の薬剤師など専門家の指導を受けながら行いましょう。
《OTC医薬品とサプリメントの違いを理解する》
サプリメントなどの健康食品は医薬品とは異なり、病気の治療を目的とするものではありません。病気のときは、薬剤師やかかりつけ医に相談し、正しく対処しましょう。
《正しい用法、用量を守る》
OTC医薬品を使用する際は、必ず説明書を読んで、正しい用法、用量を守りましょう。誤った使用法は症状を悪化させることもあります。

セルフメディケーションは税制メリットもあります

セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)は、医療費控除の特例として、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

第2期上川町保健事業実施計画(データヘルス計画)

この計画は、「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針」により策定したものです。
本計画に基づき、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業を実施してまいります。
なお、第3期特定健康診査等実施計画と一体的に策定しております。

中間評価の結果について

令和3年度に、第2期データヘルス計画の中間評価を行い、計画と目標値の見直しをしております。
概要と修正した目標値を掲載しますので、ご覧ください。

問合わせ先・担当窓口

上川医療センター

旭川がん検診センター

予約専用フリーダイヤル

  • 電話:0120-972-489

保健福祉課健康増進グループ

保健福祉課 医療給付グループ

メニュー

くらしのインデックス

部署一覧

その他